TOPICS 最新の税務、経営に関する情報|大阪の税理士法人エム・アンド・アイ

HOME > TOPICS

TOPICS 最新の税務、経営に関する情報|大阪の税理士法人エム・アンド・アイ

総数257件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86

大阪市淀川区の税理士法人エム・アンド・アイの近藤です。

平成25年度税制改正大綱が発表されました。

様々な場面でその内容を目にしますが、全文を読まない限り、当然ながらすべてを知ることはできません。
今回、個人的に、テレビや新聞などではあまり大きく取り上げられていないと感じる改正を、一つご紹介します。

金銭又は有価証券の受取書のうち記載された受取金額が5万円未満(現行3万円未満)のものには、印紙税を課さないこととする。
(注)上記の改正は、平成26 年4月1日以後に作成される受取書について適用する。

所謂、領収証に貼る印紙です。

今まで、3万円以上の領収証には200円の印紙(100万円以下の場合)を貼ってい
ましたが、平成26 年4月1日以後は、その『3万円』が『5万円』以上に改正されるのです。
わずか2万円のことですが、取引の多い方ではかなり大きな改正ではないでしょうか。

大阪市淀川区の税理士法人エムアンドアイの志水です。

2月も中旬になり、確定申告の声が大きくなってきました。ただ、我が家では受験というイベントの真っ最中で、こちらも確定申告と同じく3月の中旬にならないと落ち着かない状態です。

長女が大学受験で、こちらは我々の時代には存在しなかったAO入試という得体のしれない制度に引っ掛かることが出来き、年内早々に合格通知をいただいています。

こんな受験勉強でいいのだろうかと親が思うほど、のんびりしたものでした。高校時代の部活動(ブラスバンド)を評価してくれたとのことですが、評価方法はよくわかりません。

次女は高校受験です。先日、俗に言います「すべり止め」の合格発表があり、無事に合格できました。本人は口に出しませんが、かなりほっとしている様子です。後はメインの公立高校の入試だけです。冬の後は必ず春が来るわけですから、悔いを残さぬ様に頑張ってほしいとただただ祈っています。

大阪市淀川区の税理士法人 エム・アンド・アイ の根木です。

先月の1月24日に平成25年度の税制改正大綱が公表されました。

その直後にお客様との話の中でその税制改正のなかの贈与税の改正の話が話題となりました。今回の改正に盛り込まれた教育資金の一括贈与の非課税措置の話をお客様のお知り合いの方がされていたそうです。その話とは、そのお知り合いの方が、お孫さんに教育資金を贈与すれば、税金がかからないから検討しているという内容だそうです。私はその話を聞き、お金を持っている方は、贈与とか相続の話題にはかなり関心を持っているのだと再認識させられました。

今回の税制改正大綱に盛り込まれた教育資金の一括贈与の贈与税の非課税措置の内容は下記のとおりです。

受贈者(30歳未満の者に限る)の教育資金に充てるため、その直系尊属(親や祖父母など)が金銭等を拠出し、金融機関に信託等をした場合には、その信託受益権の価額または拠出された金銭等の額のうち受贈者1人につき1,500万円(学校等以外に支払われる金銭については500万円)までの金額については、平成25年4月1日から平成27年12月31日までの間に拠出されるものに限り、贈与税を課税しない。

この場合の教育資金とは、文部科学大臣が定める次の金銭をいう。
@ 学校等に支払われる入学金その他の金銭
A 学校等以外の者に支払われる金銭のうち一定のもの
  
ただし、信託した金銭等を教育資金として使ったが、使いきれずにお金が残った場合には、その残額は受贈者が30歳に達した日に贈与があったもとして贈与税が課税せられることとなっています。

学校等の教育資金の場合には、1,500万円の上限がありますが、教育資金としていくらかかるのかを検討し、計算した上で金額を決めて信託しないと、あとで贈与税が課税されることとなります。

総数257件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86

税理士法人 エム・アンド・アイ

大阪府大阪市淀川区西中島4-11-9
TEL:06-6838-7512
FAX:06-6886-0233
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土曜・日曜・祝日

Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。

SEO対策 大阪 税理士 会計士 大阪