TOPICS 最新の税務、経営に関する情報|大阪の税理士法人エム・アンド・アイ

HOME > TOPICS

TOPICS 最新の税務、経営に関する情報|大阪の税理士法人エム・アンド・アイ

総数257件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86

こんばんは、税理士法人エム・アンド・アイの吉田です。

確定申告も終盤を迎えましたが、「あとひと頑張り」という感じです。

税理士業界に入り二十数年が経ち、パソコンやソフト等の開発で

年々楽にはなってきましたが、やはりこの時期が一番きついです。

確定申告時期は、全くと言っていいほど家族サービスができていないので、

来週の週末は家族で少し遠出でもしようかと思っています。

しかし、私の場合法人決算が5件あるので、ゆっくりもできないのですが‥。

とにかく、あと数日、気を抜かずに乗り切りたいと思います。

税理士法人エム・アンド・アイの近藤です。

今日は桃の節句雛祭です。
古代中国では、3が重なるので重三とも呼ばれ、旧暦3月初めの巳の日を節供(節句)にしたことが始まりだそうです。
この日に身体の穢れを移した紙人形を船に乗せて川に流す、という行事が行われていました。それが日本に伝わり、平安時代には「上巳の祓い」という宮中行事に発展し、曲水の宴が行われていました。
この宴の席で桃の花を供えていたことから桃の節句と呼ばれるようになったそうです。

桃の節句に飾る雛人形に関して、『3月3日を過ぎて雛人形を飾っていたら、結婚が遅れる』ということがよく言われています。
雛人形は、このように厄災や穢れを移して3月3日に流すものであったため、この日を過ぎても飾ったままにしておくことは、穢れを移した人形を流さないままにしておくことに等しいのです。
歴史にちゃんとその理由があったのですね。

税理士法人エム・アンド・アイの土谷です。

平成20年にふるさと納税が導入され、当初は話題になっていましたが、今はすっかり下火となってしまいました。
任意の地方自治体に寄付することで、寄付した額のほぼ全額が税額控除されるという制度です。
寄付した額の5千円を超える部分の金額が所得税、個人住民税から控除されます。
平成22年分より所得税については寄付金の2千円を超える部分について控除されます。

ちなみに私が住んでいる茨木市の平成22年のふるさと納税の実績は、221件あり、総額10,544,977円の寄付があったそうです。
221件のうち市職員の寄付が200件あるそうなので、一般の方からは21件しかなかったということですね。

話題に上らなくなったものの、各地方公共団体は工夫を凝らし、寄付金集めをしています。
一定金額以上の寄付をすれば、お礼として地元の特産物を贈るというものが多いようです。
 
本来寄付というのは見返りを期待しないものですので、お礼があることに少し違和感がありますが、少しずついろいろな自治体に寄付をして、特産物を頂くのも面白いかもしれません。

何事もやってみなければわかりませんので、遅ればせながら私も今年はふるさと納税をしてみようと思います。

ふるさと納税をするにあたっては下記の注意点がありますので、寄付をしようと思われる方は注意してください。
1.税額控除される金額は、寄付の翌年に課税される個人住民税所得割の概ね1割が上限となること。
2.税額控除を受けるためには所得税の確定申告が必要となること

総数257件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86

税理士法人 エム・アンド・アイ

大阪府大阪市淀川区西中島4-11-9
TEL:06-6838-7512
FAX:06-6886-0233
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土曜・日曜・祝日

Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。

SEO対策 大阪 税理士 会計士 大阪