TOPICS 最新の税務、経営に関する情報|大阪の税理士法人エム・アンド・アイ

HOME > TOPICS

TOPICS 最新の税務、経営に関する情報|大阪の税理士法人エム・アンド・アイ

総数257件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86

大阪市淀川区の税理士法人エム・アンド・アイの根木です。
 
見直しが検討されていたこども手当の廃止が決まりました。

こども手当は民主党が2009年衆院選マニュフェスト掲げて実現させた目玉政策です。民主党は菅首相が退陣案件の1つに挙げる赤字国債発行法案成立のために、自公両党に大幅に譲歩し、2010年度から導入されたこども手当はわずか2年で廃止されることとなりました。

民主党、自民党、公明党の協議の結果、合意した内容は次のとおりです。
  
(1)今年の10月からの支給額について
 @ 3歳未満と第3子以降の3歳から小学6年生には月額1万5千円
 A 3歳から中学生には月額1万円
(2)支給の際の所等制限については2012年の6月から導入され、世帯主の税引き
   前の年収960万円程度


こども手当は民主党の目玉政策の1つであったはずではあるが、その目玉政策であるこども手当がこんなに短期間で廃止されることとなると、民主党の政策に賛同し、衆院選で1票を投じた有権者は複雑な心境では?

大阪市淀川区の税理士法人エム・アンド・アイの金坂です。

先日初めて人間ドックへ行ってきました。特にどこかが調子悪いというわけではないのですが、最近お客様からも友人からも痩せた?と聞かれることがあまりに多かったので、念のために検査を受けてみました。

検査は一般的な身長体重・血液検査から始まり、聴力検査、肺活量、心電図、臓器エコー、眼底眼圧検査、胸部と腸のレントゲンと順番に進んで行きました。
私は目が細いので眼底検査の際になかなか大きく目が開かず、まつ毛が写りこんでしまって撮り直しするというちっちゃなハプニングもありましたが、嫌いなバリウムも上手く飲み込むことができ無事に初ドックを終えました。

結果はまだ出ていないのですが、体重はかなり減っていましたね。49.5キロ・・・
食欲が無くなったり食べる量が減ったりするといった原因もなく50キロを割り込んだのは初めてのことで、診察の先生にもちょっと痩せすぎという話をされてしまいました。晩御飯の量を増やしたほうがいいのかも。

大きな問題が見つからなければいいのですが、どういう結果で戻ってくるかが気になります。

大阪市淀川区の税理士法人エム・アンド・アイの土谷です。

遺言を書いておいた方が良いとはどのような状況でしょうか?

ひとつのケースとして夫婦間に子どもがいない場合が該当します。

たとえば夫が亡くなった場合の相続人は、子どもがいる場合には妻と子どもですが、子どもがいない場合には妻と夫の父母等(直系尊属)が相続人となります。
また、夫の父母等が既に亡くなっている場合は、妻と夫の兄弟姉妹が相続人となります。

よって、子どもがいない場合、遺産分割の協議を夫の親や夫の兄弟姉妹、さらに夫の兄弟姉妹が既に亡くなっている場合には、兄弟姉妹の子どもである甥姪と協議しなくてはならいことになります。
 
兄弟姉妹や甥姪が財産を当てにしていることはないと思いますが、権利があるとなれば、色々トラブルになることも考えられます。
特に兄弟姉妹には遺留分がありませんので、妻に全財産を相続させるという遺言があれば、無駄な争いになることもありません。

子どもがいない夫婦間ではお互い遺言書を書かれることをお勧めいたいます。

総数257件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86

税理士法人 エム・アンド・アイ

大阪府大阪市淀川区西中島4-11-9
TEL:06-6838-7512
FAX:06-6886-0233
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土曜・日曜・祝日

Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。

SEO対策 大阪 税理士 会計士 大阪