大阪市淀川区の税理士法人エム・アンド・アイの大塚です

最近よくPM2.5という言葉をテレビ等で耳にしますが、ネット等で調べてみると簡単に言うと、微小粒子状物質と言われるものですごく小さな粒子らしく気管を通過しやすいため、ぜんそくや気管支炎を引き起こしたり、肺胞など気道より奥に付着するため人体への影響が大きいと考えられているものだそうです。

それに加え花粉や黄砂などによりひどいところでは霧がかかったようになってる画像などを見て花粉症ではないのですがマスクを買ったほうがいいかなと考えています。

ちなみにテレビで見たのですが、PM2.5は通常のマスクだと小さな粒子のためすり抜けて入ってくる事があるためより高機能なマスクじゃないと防げないらしいです。

大阪府のHPにその日のPM2.5の濃度が掲載されているため注意が必要なレベルの時はマスクをつけようかなと思います。

大阪府内の市ごとに濃度がわかる大気汚染常時監視のページというのもあるので気になる方はこれを、参考にするのをお勧めします。

http://taiki.kankyo.pref.osaka.jp/taikikanshi/