大阪市淀川区の税理士法人エム・アンド・アイの近藤です。

平成25年度税制改正大綱が発表されました。

様々な場面でその内容を目にしますが、全文を読まない限り、当然ながらすべてを知ることはできません。
今回、個人的に、テレビや新聞などではあまり大きく取り上げられていないと感じる改正を、一つご紹介します。

金銭又は有価証券の受取書のうち記載された受取金額が5万円未満(現行3万円未満)のものには、印紙税を課さないこととする。
(注)上記の改正は、平成26 年4月1日以後に作成される受取書について適用する。

所謂、領収証に貼る印紙です。

今まで、3万円以上の領収証には200円の印紙(100万円以下の場合)を貼ってい
ましたが、平成26 年4月1日以後は、その『3万円』が『5万円』以上に改正されるのです。
わずか2万円のことですが、取引の多い方ではかなり大きな改正ではないでしょうか。