大阪市淀川区の税理士法人エム・アンド・アイの根木です。

2012年も今日を含めて残り3日となりました。毎年年末になると、今年の10大ニュースとかが話題となります。私の中でビックリしたのは、競馬をする関係上、競馬で稼いだ所得を申告しなかったとして大阪地検に起訴されたある男性のニュースです。内容は以下のとおりです。

 この男性は2007年〜2009年の3年間で市販の競馬予想ソフトを独自に改良したソフトを使って総額約28億円の馬券を購入し、約30億1,000万円もの払い戻しを受け、総額で約1億4,000万円の利益を得たというものです。所得税法上、競馬の馬券の払戻金は一時所得として所得税の課税対象となります。この場合の経費と認められるのは、当たり馬券を購入した金額のみであり、はずれ馬券の購入費用は経費と認められません。過去にも有名人が馬券で大金を儲け、税金を支払ったという記事も話題になったこともあります。

 今回もトータルとしては約1億4,000万円の儲けとなっていますが、国税局が追徴課税したのは、その儲けではなく、馬券の払戻金からその当たり馬券の購入額のみを差し引いた約29億円もの金額であり、一時所得として認定したのです。

その結果、儲けの1億4,000万円をはるかに越える金額の追徴課税となっています。弁護側はこの追徴課税に対して「はずれ馬券を含めた購入総額が経費であり、一生かかっても払えない過大な課税と無効だ」と主張しているそうです。

 この男性は最初は100万円の金額からスタートして、28億円もの馬券を購入できるほど払い戻しの受けたのは私にとっては非常に驚きでした。私などは、その100万円の数分の1の金額程度で馬券を購入し、はずれてしまいすぐにその金額さえもなくなってしまうからです。
 今後、この裁判でどういう判決がでるのかを注目しています。

 私の2012年のブログは今回が最後です。来年も頑張っていきますので、お引き立ての程よろしくお願い申し上げます。
最後になりましたが、皆様もよいお年をお迎えください。