大阪市淀川区の税理士法人エム・アンド・アイの土谷です。

皆さんは時代小説を読まれたことはありますか?
司馬遼太郎の「竜馬がゆく」や「坂の上の雲」などは手にした方も多いのではないでしょうか?

私も時代小説が好きで色々読んできたのですが、今はまっている小説があります。
それは佐伯泰英の「居眠り磐音江戸双紙」シリーズです。
2002年に刊行されているのでもう10年続いているシリーズなのですが、恥ずかしながら全く知りませんでした。
今読んでいるのが28巻なのですが、この12月に41巻が発売され追いつくのに必死です。
江戸時代はこんなにも簡単に人を切るのかと思いながらも痛快な時代小説です。
人間関係が複雑でないので非常に読みやすい小説です。

他では池上正太郎の「剣客商売」も定番ですね。
高田郁の「みをつくし料理帖」シリーズや「銀二貫」は泣けますよ。

年末年始の休みに頑張って最新刊に追いつきたいと思います。