大阪市淀川区の税理士法人エム・アンド・アイの志水です。

先日8月23日、新聞紙上の【処暑】という文字が目にとまりました。

意味不明なため、まずそれを調べると「二十四節気の一つ、暑さが峠を越えて後退し始める頃。毎年8月23日から24日頃」とありました。

二十四節気とは、太陰太陽暦において、季節を正しく示すために用いた語で、立春、春分、夏至、立秋、冬至等1年を24等分した季節の名称ということです。

とりあえず、暦上は暑さが和らいでいく時期らしいです。たしかに、朝晩はかなり涼しくなったと感じますし、実際に我が家(神戸市北区の山の中)では、朝方に窓を開けたままにしておくと、寒いくらいです。

しかし、日中は暑い!処暑=猛暑で、まだまだ熱中症対策が必要です。早く、本当の秋が来てほしい!

ちなみに二十四節気は、立春→雨水→啓蟄→春分→清明→穀雨→立夏→小満→芒種→夏至→小暑→大暑→立秋→処暑→白露→秋分→寒露→霜降→立冬→小雪→大切→冬至→小寒→大寒 です。
はずかしながら、今回初めて遭遇した語がかなりあったことはまちがいありません。