大阪市淀川区の税理士法人エム・アンド・アイの根木です。

先週の金曜日の9日に税理士試験の合格発表がありました。

私が受験していた頃(といっても25年以上も前の話ですが)と比べると、発表の時期は若干早くなっています。私の受験していた頃の発表の時期は、だいたい12月の20日すぎ頃であり、その結果によっては楽しいクリスマスが迎えられるかどうかが決まりました。

私の場合は合格するまで期間は結構長くかかりました。おかけで合格を知った時はほっとした気持ちと同時にそれまでの人生の中で一番の喜びを味わえました。その喜びは
20年以上たった現在でもナンバーワンです。合格した年に受験した最後の科目である相続税法の試験はあまりできなくて、合格発表まで99%不合格だと思っており、全く期待していなかったため喜びもより大きかったのではないかと思います。

幸い私は受験した科目の中では、試験後合格しているだろうと感じた科目で不合格だった科目はありませんでした。周りには、合格していると思っていたのに、不合格だったという人も結構いました。合格の基準があまりよくわからないためではないでしょうか。(税理士試験に関してもう少し知りたい方は12月2日のブログを参照して下さい。)

税理士試験の受験時代の後半(受験時期は結構長く、始めた頃はあまり熱心に勉強をしていませんでした。)は私の人生の中で最も勉強した時期だと思います。高校受験や大学受験の時期と比較しても比較にならないほど勉強したような気がします。

うちの事務所にも現在税理士試験合格を目指して勉強中のスタッフもいます。そのスタッフを含めて税理士試験の受験生の方には合格の喜びをできるだけ早く味わえるようにエールを送りたいものです。