大阪市淀川区の税理士法人エム・アンド・アイの土谷です。

遺言を書いておいた方が良いとはどのような状況でしょうか?

ひとつのケースとして夫婦間に子どもがいない場合が該当します。

たとえば夫が亡くなった場合の相続人は、子どもがいる場合には妻と子どもですが、子どもがいない場合には妻と夫の父母等(直系尊属)が相続人となります。
また、夫の父母等が既に亡くなっている場合は、妻と夫の兄弟姉妹が相続人となります。

よって、子どもがいない場合、遺産分割の協議を夫の親や夫の兄弟姉妹、さらに夫の兄弟姉妹が既に亡くなっている場合には、兄弟姉妹の子どもである甥姪と協議しなくてはならいことになります。
 
兄弟姉妹や甥姪が財産を当てにしていることはないと思いますが、権利があるとなれば、色々トラブルになることも考えられます。
特に兄弟姉妹には遺留分がありませんので、妻に全財産を相続させるという遺言があれば、無駄な争いになることもありません。

子どもがいない夫婦間ではお互い遺言書を書かれることをお勧めいたいます。