税理士法人エム・アンド・アイの近藤です。

今日は桃の節句雛祭です。
古代中国では、3が重なるので重三とも呼ばれ、旧暦3月初めの巳の日を節供(節句)にしたことが始まりだそうです。
この日に身体の穢れを移した紙人形を船に乗せて川に流す、という行事が行われていました。それが日本に伝わり、平安時代には「上巳の祓い」という宮中行事に発展し、曲水の宴が行われていました。
この宴の席で桃の花を供えていたことから桃の節句と呼ばれるようになったそうです。

桃の節句に飾る雛人形に関して、『3月3日を過ぎて雛人形を飾っていたら、結婚が遅れる』ということがよく言われています。
雛人形は、このように厄災や穢れを移して3月3日に流すものであったため、この日を過ぎても飾ったままにしておくことは、穢れを移した人形を流さないままにしておくことに等しいのです。
歴史にちゃんとその理由があったのですね。