税理士法人エム・アンド・アイの志水です。

先日、妻と京都に電車に乗って行って来ました。紅葉もほぼ終わりという時期ですが、まだどこかに鮮やかな紅葉が見ることができるスポットがあるはずだという判断です。

事前に、インターネットで検索したところ、ほとんどのスポットが「落葉」「落葉近し」のコメントでしたが、数ヶ所に「紅葉見ごろ」のコメントがあり、その中から2ヶ所を選び行くことにしました。


まず1ヶ所目は、洛西のあるお寺でしたが、超有名なスポットではなくどちらかと言えば穴場的な所でした。地図を頼りに現地に着くと入口付近は竹が多く、入口受付場所から中の紅葉状況が確認できなかったため、受付の年配の方にストレートに紅葉状況を聞いたところ、「2/3は落葉しているけれど、1/3は残っているよ」とのことでした。その言葉を信じ、拝観料を払って入ったのですが、2/3は9/10、1/3は1/10の間違いであることが、直ぐに判明! 妻と顔を見合わせて、「あのおじさんに騙された〜!」庭園もあり、静寂がすてきなお寺でした

が、紅葉を期待していたため、かなりガックリ状態でした。


2ヶ所目は、超有名な下鴨神社(糺の森)です。こちらは、カメラ・写生道具を持たれている方が本当に多かったです。ただ、まだまだ緑が多く、逆に少し来るのが早かったかもしれません。

と言うことで、2ヶ所とも期待ハズレの結果となり、次回行くときは人で混雑していても、時期としては11月中旬から下旬に行くべきということと、インターネットの情報も当てにならないということを勉強しました。久々の京都だったのに、ああ、残念!