税理士法人エム・アンド・アイの福井です。

仕事をするうえで接待など取引先と会食をする機会があると思いますが

これらの費用には法人税の計算上、損金不算入とする規定があるのをご存知でしょうか?

損金不算入とは会計上費用に計上されますが、税務上損金として認められないもののことをいいます。

これらの費用のうち交際費等に該当するものは、中小法人(一定のものを除く)については年600万円を限度として限度額に達するまでの10%及び限度額を超える部分の金額が、その他の法人についてはその全額が損金の額に算入されません。

すなわちこれらの費用が交際費等に該当すれば必然的に損金の額に算入されない金額が生じてしまうことになります。

ちなみに交際費等とは、法人がその得意先、仕入先その他事業に関係のある者等に対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為のために支出する費用とされており、上記の様な飲食代も接待行為に該当し交際費となります。

ただし、飲食代については一定の書類を保存することにより、1人当たりの支出額が5,000円以下のものについては交際費等から除き、その全額を損金の額に算入することができます。

一定の書類の範囲など、詳しくはこちらを参考にしてください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5265.htm

なおこの飲食代には居酒屋、バー、スナックでの飲食代も含まれますが、

カラオケボックスなどは飲食をすることを目的とする場所ではないことから5,000円以下の対象には含まれないのでご注意ください。