税理士法人エム・アンド・アイの土谷です。

税金を納めるといえば、納付書を持って銀行や郵便局へ行くといったイメージが一般的かと思いますが、実際には色々な納付方法があります。

現在利用できる納付の方法は次のとおりです。
1. 現金に納付書を添えて納付する方法
 (1)金融機関や税務署での納付
 (2)コンビニエンスストアでの納付
  納付額が30万円以下の場合で、バーコード付納付書が必要です。
2. 振替納税
  事前に登録した金融機関から納期限日に税金が引き落としされる方法です。
  申告所得税や個人の消費税の納税に利用可能です。
3. インターネットバンキングやATMによる納税
  参考 ペイジーのホームページ
4. ダイレクト納付
  事前に登録した金融機関から振替により納税を行う方法です。
  この方法は2の振替納税と違い、法人税や法人の消費税、源泉所得税の納付にも利用が可能です。

上記3、4はe−TAX(国税電子申告・納税システム)を利用する必要があります。

税金を納めるために混み合っている銀行の窓口に行くのが面倒だと思っておられる方は上記のとおり別の方法もありますので、ご検討されてはいかがでしょうか?