税理士法人エム・アンド・アイの辻です。

伊豆のほんわかスポット「シャボテン公園」に行ってきました。
名前の通りシャボテン(=サボテン)のある公園なのですが、
メインは動物園で、園内には珍しい動物がたくさんいます。

そんな中で私が一番会いたかったのがカピバラです。
「カピバラさん」というキャラクターにもなっているカピバラは、世界最大のげっ歯類。
名前には草原の支配者という意味があるそうですが、
カピバラカピバラ
支配力など全く無さそうな穏やかさです。
眩しくて目がトロンとしている訳ではありません。
これが標準です。

そして、

バク

この動物はなんだか分かりますか?


これが悪い夢を食べると言われているバクです。


本物を始めて見ましたが、悪い夢を食べ過ぎたのか、
何かめちゃくちゃ悩んでいるような表情をしています。


ふと近くの茂みを見ると、
クジャク

クジャクがいました。

まさかの放し飼いです。

手を伸ばせば届くくらいそばにいますが、
決して手を伸ばそうとは思いません。

クジャクについて何も知りませんが、
くちばしが危険なことはさすがに分かります。


他にも、立ち上がったまま動かないプレーリードックや、
名前すら聞いたことのないクビワペッカリー、
「シャボテン公園」には不思議な動物ばかりでした。