税理士法人 エム・アンド・アイの根木です。

テレビのコマーシャルでも流れていますが、来週の16日(火)から個人の所得税の確定申告がスタートします。税理士事務所にとっては通常の業務の上に確定申告の業務が追加されますので、1年間で最も忙しい時期であるところが多いのではないでしょうか?

この時期には、確定申告特集等の見出しが雑誌とかにも掲載されていることが多いのではないでしょうか?たとえば、「あなたは税金を払いすぎています。」であるとかあるいは「あなたの支払った税金を取り戻すことができます。」等です。最近は誰でもインターネット等で情報を簡単に入手することができるため、支払った医療費が一定額を超えれば税金を取り戻すことができることを知らない人は少ないのではないでしょうか?

確定申告の時期は通常2月16日から3月15日までの1ヶ月の間です。会社(法人)の決算の申告であれば、会社を設立した際に任意で決算の月を決められますし、また変更もできますので、申告時期は自然と分散させます。これに対して個人の確定申告の場合は所得税の通常の確定申告の時期は上記の1ヶ月しかありませんので、この時期の税務署は一度行ったことがある人ならばご存知のとおり非常に混み合っています。またこの時期の税務署への電話もかなり通じなくなることが多いのです。

今後は個人の確定申告も会社と同様に任意に申告時期を決められるようにしてほしいと願っているのは私だけでしょうか?