税理士法人 エム・アンド・アイの志水です。

先日、プロ野球セリーグの優勝がジャイアンツに決まってしまいました。

タイガースファンで、アンチジャイアンツの私としては、非常におもしろくないのですが、これだけゲーム差が開いてしまうと仕方ないと思わざるをえません。

この数年、ジャイアンツはラミネス・小笠原・グライシンガー・クルーン等の大物を集め、「金満補強」と揶揄され、勝って当たり前の感がありました。しかし、今年は坂本・脇谷・山口等の若手が活躍し優勝に大きく貢献しており、この点は敵ながらアッパレと思います。

一方、タイガースは金本・下柳・矢野の40代おじさんトリオが頑張っていますが、いまいち若手が育っていないなと感じるのは、私だけでしょうか?

もう一点、外国人選手の活躍度合の違いが目につきます。タイガースでいま戦力になっているのは、アッチソンだけ。これではダメですよね。

あまりぼやいてばかりいても仕方ないのですが、現状でCS出場の可能性があるので、とにかく3位にすべりこんで、難敵のドラゴンズ・ジャイアンツさらにパリーグ代表チームをも撃破して日本一になってくれ!