税理士法人エム・アンド・アイの土谷です。

先日自宅に火災報知器を設置しました。
ご存知のとおり、新築住宅については、平成18年6月1日から設置を義務付けられています。
既存住宅については各市町村条例により、平成20年6月1日〜平成23年6月1日の間で設置義務化の期日が決められます。

設置場所についても条例で定められるそうで、台所が義務であったり、努力義務であったりするようです。

私が住む茨木市では平成23年5月31日までに寝室と階段に設置。
台所は努力義務ということらしいです。
寝室が1階にある場合は寝室のみで良いそうです。

なかなかややこしいです(^_^;)

我が家の寝室は2階にありますので、寝室と階段に設置しなければなりません。
台所もやはり火の元ですので努力義務に従い設置することとしました。

ネットショッピングで火災報知器を購入し自分で設置します。

火災報知器
業者向けの商品です。
電器屋さんで並んでいる様な化粧箱に入っていませんが機能は同じ。
これで十分です。

以前、火災報知器が設置されていたものの死者が出た火事のニュースをやっていて、深夜の火事で寝室まで警報が聞こえなかったのではないかと解説されていました。

そこで今回購入する火災報知器は連動タイプのものにしました。

例えば台所が火元だった場合、寝室の火災報知器は「他の部屋が火事です!」
と警報が鳴ります。

なかなかの優れものです。

設置もドラバー1本あれば簡単に出来ます。
火災報知器
備えあれば憂いなしです。