税理士法人エム・アンド・アイの志水です。

朝刊に、「そうだ、そうだ」と思わずうなずいてしまったコラムがありました。

内容は、電車等での携帯ルールについてのものです。

よく車内で、「シルバーシート付近では、携帯電話の電源を切って下さい」とのアナウンスを耳にしますが、実際わざわざ電源を切る人はあまり見かけないというものです。その付近で堂々とメールを打っている人さえいます。車掌さんの「電源をお切り下さい」のアナウンスが、やけに虚しく感じてしまうこともあります。

実際に、影響が危惧されているペースメーカーの使用者にどれだけ近いと影響するものなのか、また場合によっては深刻な事態を招くものなのか、さらにどのような過去に事例があるものなのか、あまり聞いたことがありません。このような説明があれば、もっとこのルールを守る意識が出てくるような気がするのですが。

そのような説明が無いから、車内での携帯使用がOKだなんて思いませんが、単に繰り返すだけのアナウンスだけでは、実効性に乏しいと思います。

科学的に深刻な影響が本当にあるなら、きっちりとした説明の下にもっと徹底的に啓蒙すべきではないのでしょうか。中途半端で、偽善的に思える時もあります。

そういう私が、シルバーシートの近くで電源を切っているかというと、全くできていません。ただただ、反省!