税理士法人エム・アンド・アイの近藤です。

今年もいよいよあと2日。
様々なメディアで2008年を振り返る特集がされていますが、
皆さんにとって、どんな1年でしたでしょうか。

私個人的には、激動の1年!!
色々なことのあった2008年でした。
でもそれも、日々生かされているからこそ感じることができること。
有難いことです。

ということで、
多くの人々が、2008年の感謝と2009年の幸せを願って
初詣に行かれることと思いますが、初詣といえば『神社』ですよね。

神社の称号には、神社のほか、神宮・宮・大社・社といった様々なものがあります。
この中の神宮は、神の宮殿をあらわす言葉で、本来は最も尊い神社をさすものだったそうです。伊勢神宮、明治神宮、石上神宮などがそうです。
大社は本来、国津神を祭る最も有力な神社である出雲大社だけをさす名称だったのが、後に諏訪大社、伏見稲荷大社などの有力な神社も大社と呼ばれるようになったそうです。
神道も調べると興味深いですね。

では、どうぞ皆様、よいお年をお迎え下さい。