税理士法人エム・アンド・アイの根木です。 

もうすぐクリスマスです。この時期が近づくとあちこちでイルミネーションを見かけるようになります。
クリスマスといえばプレゼント、プレゼントといえばサンタクロースを思い浮かべます。うちも子供が小さい頃(といっても1番下の子供はまだ小学5年生ですが)にはサンタクロースがクリスマスの日にやってきたものです。

クリスマスの夜、子供が寝た後に家内がプレゼントを子供の枕元に置いたものです。朝になって子供が起き、そのプレゼントに気づくと「サンタさんにプレゼントをもらった」と喜んで報告してくれたものでした。

それが子供が大きくなってサンタさんからのプレゼントは親が買っていることに気づくと、いつの頃からかは覚えていませんが、「クリスマスのプレゼントは何をくれるの?」に変わっていました。

子供は当然母親からもプレゼントをもらっているので、子供の小さい頃1人であったサンタクロースはいつの間にか2人になっていました。クリスマスになるとサンタクロースを信じている子供の小さい頃が懐かしく思えるのは自分が年をとったからでしょうか?