税理士法人エム・アンド・アイの稲葉です。

そろそろ忘年会シーズンですね。
お酒を飲む機会も多くなりますし、飲み過ぎて二日酔いなんて事も
あるんじゃないかと思います。
二日酔いの原因ですが、アルコールは肝臓に運ばれ、肝臓内でアセトアルデヒドという物質に変わり、肝臓内で分解されます。
ところが、分解できる量を超えるアルコールを飲むとアセトアルデヒドが体内に残り、アセトアルデヒドは毒性が高いために、頭痛や吐き気などをおこすそうです。
一番の対処法は飲み過ぎない事なのですが、そうもいかない事も多いので、対策法を調べてみました。


まず飲む前ですが、

・事前にできれば豆腐や、豆乳、煮豆、納豆など良質なタンパク質やとっておく。
 タンパク質をとると酵素の働きがよくなり、アルコールを分解しやすくなるそうです。

・ビタミンやウコンなど、肝臓の働きを助けるものをとる。
 グレープフルーツやレモンジュース、ウコンの力などがおすすめのようです。


次に飲んでいる時には、

・水分を多くとる。
 アセトアルデヒドを分解する過程で、大量の水分が必要だそうです。

・肝臓の働きを助けるおつまみを食べる。
 すぐれものの食材として、「枝豆、豆腐、鶏肉、チーズ、大根、アサリ」が
 あがっていました。
 これなら居酒屋メニューにも多くありそうですね。


最後に二日酔いになってしまった時、

・水分を多くとる。
 分解する助けになるのと、排尿を促してアルコールが体外に排出されるのに
 役立つそうです。

・コーヒーを飲む。
 これは意外でしたが、カフェインが肝機能を高めるそうです。


こうやって調べてみると、どれも難しいものじゃなくて、簡単なものが多いですね。
しっかり対策をして、楽しいお酒が飲めるようにしたいと思います。